屋根の雨漏りの応急処置方法と注意点

住宅のトラブルの中でも、最上位の緊急性を要するものが、屋根からの雨漏りでしょう。

天井に滲みが出来ているなら、天井裏は既にかなり湿っている可能性がありますし、更にその滲みの部分から水が垂れて来るなら、かなりの深刻な状況であり、早い応急処置が必要となります。


このように、天井1ヶ所からの雨漏りの場合には、その緊急性は未だ低い方であり、これが一部屋、数部屋単位で起こるなら、屋根全体に問題がある、老朽化による致命的な理由である事がほとんどです。


こうした状況で、直ぐにでも雨が止んでくれるなら良いのですが、この状況が1日や数日単位で続くと、住宅内部全体が酷く濡れたり、湿ったりする事で、今後の傷みを早める原因になってしまう為、早急に対応する必要性が出て来ます。


まず、安全と修理の確実性から業者に依頼する事が望ましいでしょう。


所が、風雨が続いた後には、同様の雨漏りによる修理依頼が集中する事もあり、直ぐの対応が難しい事は良くある事です。

あなたの知らないガジェット通信情報をお教えします。

この場合、次の雨が降るまでに、なんらかの応急処置をしておく方が住宅の為には好ましく、次のような緊急的な対応が考えられます。
まず、安全が第一ですから、雨が止んだ後、屋根が十分に乾いた状態で、滑りにくい靴を履いて屋根へ登る事に徹して下さい。


高さや角度によっては、ベランダ等に命綱を繋いで作業を始めます。
まず、雨漏り部分がはっきりしているなら、瓦やスレートと言った部分に割れやズレ、浮きなどが無いか目視をします。

最近何かと話題の屋根雨漏りの情報を確認できるサイトです。

この確認をしっかり行う事で、ピンポイントでの確実な応急処置が出来る可能性が高くなります。


このようにして、屋根材に問題が確認されれば、代わりのモノを差し替える事で、簡単に修理と言えるレベルの応急処置が出来ますが、場合によって、抜き取る為の特殊工具や、コーキング材の充填、同色への塗装と言った必要がある為、完全な修理には材料と技能が必要となるのが普通です。

また、応急処置方法として一番手軽であり、確実なのが、ブルーシートによる雨漏り部分を中心とした養生があります。

これは簡単に広範囲に対応出来ますが、本格的な修理までに、例えば台風シーズンのような天気となれば、風に煽られる事で、他の部分の破損に繋がったり、隣家へ飛んで行く事も考えられます。


従ってこの方法は、今後の天気を見ながら利用すべき、本当の応急処置方法となります。